Now Loading...

殿堂

中西 太(なかにし ふとし)

“怪童”と呼ばれた本塁打王

高松第一高校から昭和27年西鉄ライオンズに入団。“怪童”と呼ばれた西鉄黄金期の大打者で無類の飛距離を誇るホームランと好守備で人気を博した。新人王、本塁打王5、首位打者2、打点王3、最多安打2、MVP1、ベストナイン7を獲得。通算1388試合4116打数、1262安打、785打点、244本塁打、打率.307、弱冠29才で西鉄監督を兼任し38年にリーグ優勝後7球団を指導した。

表彰年/区分 1999年/競技者
生年月日 1933年4月11日
出身地 香川県
出身校(高校、大学) 高松第一高校
プロ野球 在籍チーム
※公式戦出場年
西鉄(1952~69年)
投打/主なポジション 右投右打/三塁手
通算成績 通算1388試合、4116打数、1262安打、244本塁打、785打点、打率.307
年度別成績 https://npb.jp/bis/players/31233805.html
タイトル 首位打者2回('55、'58)/最多安打2回('53、'57)/本塁打王5回('53~'56、'58)/打点王3回('53、'56~'57)
表彰 新人王('52)/最優秀選手1回('56)/ベストナイン7回(三 '53~'58、'61)
プロ野球 監督歴 西鉄(1962~69年)、日本ハム(74~75年)、阪神(80~81年)、ヤクルト(84年)、ロッテ(94年)
ページの先頭へ