Now Loading...

殿堂

村田 兆治(むらた ちょうじ)

豪快な“マサカリ投法”で大活躍

昭和43年ドラフト1位で東京オリオンズに入団し、翌年の対南海戦に初先発して完封勝利をかざる。昭和46年フォームを改造。“マサカリ投法”で剛速球とフォークボールを駆使し活躍する。昭和57年に肘を故障し、翌年渡米して手術を受ける。懸命のリハビリの後、約2年半ぶりに公式戦に復帰する。翌昭和60年には開幕から11連勝し、この年17勝5敗を記録した。平成元年のオールスタ―ゲーム第1戦に先発登板し、史上最年長勝利をあげて最優秀選手賞を獲得するなど、復帰後も2ケタ勝利を3度記録する活躍をした。

表彰年/区分 2005年/競技者
生年月日 1949年11月27日
出身地 広島県
出身校(高校、大学) 福山電波工(現:近大付属福山高)
プロ野球 在籍チーム
※公式戦出場年
東京(1968年)、ロッテ(69~82、84~90年)
投打/主なポジション 右投右打/投手
通算成績 通算604試合登板、215勝177敗33セーブ、2363奪三振、防御率3.24
年度別成績 https://npb.jp/bis/players/41043826.html
タイトル 最優秀防御率3回('75~'76、'89)/最多勝利1回('81)/最多セーブ1回('75)/最多奪三振4回('76~'77、'79、'81)
表彰 ベストナイン1回('81)
記録 ゲーム16奪三振('76.6.8)/通算最多暴投148/シーズン最多暴投17('90)/イニング最多暴投3('87.6.14)
ページの先頭へ