Now Loading...

殿堂

梶本 隆夫(かじもと たかお)

9連続奪三振は今も日本記録

昭和29年阪急に入団し、高卒ルーキーながら開幕投手となり初勝利をあげる。この年55試合に登板、20勝12敗の好成績をおさめた。実働20年で20勝以上を4回記録。31年は自己最高の28勝をあげ、32年にはゲーム最多連続奪三振9の日本記録を達成した。20年代後半から40年代の阪急を支えた名投手。通算成績867登板は歴代3位、2945奪三振は6位、254勝は9位。

表彰年/区分 2007年/競技者
生年月日 1935年4月8日
没年月日 2006年9月23日
出身地 岐阜県多治見市(山梨県甲府市生まれ)
出身校(高校、大学) 多治見工
プロ野球 在籍チーム
※公式戦出場年
阪急(1954~73年)
投打/主なポジション 左投左打/投手
通算成績 通算867試合登板、254勝255敗43セーブ、2945奪三振、防御率2.98
年度別成績 https://npb.jp/bis/players/91793809.html
タイトル 最多奪三振2回('56~'57)
表彰 ベストナイン1回(投 '56)
記録 ゲーム最多連続奪三振9('57.7.23) ※プロ野球・パ記録
プロ野球 監督歴 阪急(1979~80年)
ページの先頭へ