Now Loading...

殿堂

松永 怜一(まつなが れいいち)

優れたアマ指導者でロス五輪優勝監督

高校、大学、社会人野球の監督として多くの優れた選手、指導者を育てあげ「野球指導者の中の指導者」と言われた。法政大学監督時代には、田淵幸一、山本浩二などを擁しリーグ優勝6回を達成。昭和59年のロス五輪の野球(公開競技)では、全日本チームを率いて金メダルを獲得し、世界アマチュア野球連盟最優秀監督賞を受賞。アマチュア野球界でさまざまな要職を歴任し、野球の普及発展、技術向上に尽力した。

表彰年/区分 2007年/特別
生年月日 1931年11月3日
出身地 福岡県北九州市
出身校(高校、大学) 福岡県立八幡高→法政大学
社会人野球 在籍チーム 住友金属(監督)
ページの先頭へ